toggle
2018-12-26

3年半海の底にいた日本酒は・・・

海の中で3年半眠る、こんな熟成方法をされた日本酒は他にないもの。数量は今もこれからも在庫分だけの発売、気軽にお楽しみいただける小瓶300mlでどうぞ。海のもたらす神秘の味わいをお試しあれ。

https://shusaron-online.com/shopdetail/000000000149

長い間海の底で過ごしてきた酒は、一体どのような喜びをもたらしてくれるのか??
想像と期待を膨らませワクワクした気分でテイスティング。
外観は透明なテリのある薄めの黄金色。樽熟した上質な白ワインのような美しい色調。
香りは最初上立ち香は開いていないが、含むと古酒にしては柔らかいやさしさ、後の抜けるリンゴの香りが何とも上品にスーッと残る。
味わいはやや甘く柔らかなアタックの旨味、複雑味に加え純米らしさが全て丸く穏やかで心地よい。
開封から時間がたつにつれ徐々に変化していく香りと酒質を、十ニ分に愉しめる。海に包まれ眠っていた酒ならではなのか、酸味と苦味が角を取れ調和したやさしい奥深さを感じた。

The following two tabs change content below.

秘蔵酒.com管理者

古酒熟成酒専門店「酒茶論」が運営する秘蔵酒.com。蔵に眠るお宝なお酒を発掘しています。

関連記事